ダーツのゲーム

初心者~中級者
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆ ダーツ(ソフトダーツ)の基本的な遊び方

ダーツで行うゲームは、基本3つあります・・・他にもパーティーゲームやら、色々とあるにはありますが・・・まずはこの3つからやることが多いと思いますので、それぞれのゲームについてご紹介していきます

・カウントアップ

文字通り、点数(カウント)をどんどん増やしていくゲーム。入れた点数がどんどん加算されていきます。ラウンド数は8ラウンドあるので、8×3本の24本を投げた合計点数が結果になります

ウォームアップのためにまずはカウントアップから!という人も多いですね

※出てくる点数によって、投げている人のレベルをある程度想像することができます。

~600点=初級、600~800点=中級、800点以上=上級、1,000点以上=プロ級、と覚えておけば間違いないと思いますが、たまにブルではなく、トリプルばかり狙っている人もいますので、そういう人はけっこう上手な人が多いです(基本はブルを狙う練習をしましょう)

ブルは盤面全体の13%の面積があり、「盤面で一番広いエリアはどこ?」と言うと、それはブルです。なので、皆さん、まずはブルを狙う練習をするわけです

カウントアップはナンバーを狙わなくてもゲームとして成り立つので、まずはカウントアップで「投げる感覚」と「アウトボードしない感覚」を覚えていきましょう

・01(ゼロワン)

301・501・701・901・1501等ありますが、ふつう対戦では501か701をやることが多いと思います。901以上は、ウォームアップのためにやっている人も多くいます

01は最後にきっちりナンバーを入れて「ちょうど」の点数を出せないと上がれないため、最後の「上がり」でナンバーを狙って入れることが必要になります。例えばあと12点で上がりというところで、13以上のナンバーに入れてしまうと、「バースト」となり上がれません(バーストしてしまった場合は、1投目を入れる前の点数に戻ります&強制的に次の人の番になります)

・クリケット

20・19・18・17・16・15・ブルの7か所を狙って入れる、陣取りのようなゲームです。3マーク以上(シングルなら3本入れて3マークですが、トリプルに入れば一気に3マークに、ダブルなら2マークになります)入れると、自分の陣地となり、次に入った分は自分の点数になります

相手の陣地に3マーク入れると、相手の陣地を「閉じる」ことができ、以降は閉じたナンバーに入れても何も起きません。最終的に、点数が多いほうが勝ち、というゲームです。すべてのナンバーを自分の陣地として、かつ点数が多ければその時点でゲームは終了となります

(!)クリケットには、圧倒的な点差が付かないよう、「オーバーキル」という設定が付いています。200点以上の点差がある状態で点数を取りに行くと、「オーバーキル」という表示が出て点数がカウントされなくなってしまいます。状況にもよりますが、「オーバーキル」を出すことは一般的に「マナー違反」とされていることが多いです。なので、オーバーキルは、できるだけ出さないようにゲームを進めるようにしましょう

他にもパーティーゲーム、ゾンビを倒すゲームなど色々な種類の遊び方がありますが、まずはこの3つから。ルールを覚えておきましょう

コメント