ダーツの掛け声

ダーツのマナー
ダーツの掛け声
スポンサーリンク
スポンサーリンク

誰かとダーツを投げる時、ダーツバーなどでは、「掛け声」をすることが多いです

(黙々と投げるよりは、言葉で相手にリスペクトを示したほうが仲良くなれます)

どいう掛け声をすれば良いのだろう・・・と思っている人、声を掛けられて戸惑ってしまう人もいると思いますので、この記事ではダーツの「掛け声」をご紹介します

とりあえず・・・イロイロ考えるのがめんどくさい人は、この2つで十分です

・相手がハットやベットなどのアワードを出したとき ⇒「ナイスダーツ(ナイスー)

・相手があまりうまく打てなかった時 ⇒「ナイストライ(ナイトライ)

たまに黙々と言葉を発さずに投げる人や、なんだか不機嫌な人もいますので

そういう人が相手の場合は、空気を読んであまりしゃべらないようにしましょう

※でも、不愛想な人が相手の時も、始まるときの「お願いします」、終わった後の「ありがとうございました」は必ず言いましょう。始めと終わりの挨拶は当たり前です

(!)一般的に、投げている最中の人に声がけするのはマナー違反です

たまに、3投目への期待をこめて「カモン!」とか声を掛けている人も見かけますが

人によっては怒る人もいますので、その辺りは場の空気を読みましょう

また、相手がミスをした時に「ナイスー」なんて言ってしまったら嫌味・・・ですよね?

相手が投げるのをキチンと見ていないと何も言えないので、対戦相手が投げているときは、「ちゃんと見ている」ことも大事です

実用例集)

ナイスハット ・・・ハットトリックが出たとき

ナイスベット ・・・スリーインザベッドが出たとき

ナイストン ・・・トンが出たとき

ナイスアウト ・・・相手が上がったとき

ナイスイン ・・・相手がインブルに入れたとき

ナイスファイブ ・・・相手がクリケットで5マークしたとき(7マーク=ナイスセブン)

ナイスコーク ・・・相手がコークでブルに入れたとき

コメント