自宅にダーツボードを設置しよう

ダーツの投げ方(基礎編)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダーツバーやマン喫などにダーツを投げに行くには、時間とお金が掛かります

ダーツ上達の第一歩として、まずは自宅にダーツボードを設置しましょう

(設置したことを黙ってコソ練すれば、ライバルに大きな差が付けられるでしょう。。)

私の場合、一番最初に設置したダーツボードは上の写真のボードでした

しかし・・・ソフトボードなので、投げるたびにものすごい音が響いていました

(一投するたびに、マンション中に金づちで叩いたみたいな音が響いていました・・・)

そこで後日、麻で出来ているボードを設置することになりました


ハードボードでソフトサイズのモノがありますので、これはかなりおススメです

(ただし、めちゃくちゃ重いので設置は一苦労でした)

自宅が一戸建てなら、特に音を心配することなくボードを設置することができます

私の一押しは、自宅でオンライン対戦ができる「グランボード」です

(タブレットかスマホをつないで、ダーツバーと変わらない練習ができます!)


ダーツのスタンドも色々な種類がありますね・・・



練習環境を自宅に作ることができれば、「毎日投げる」ということが可能になります

正直なところ、ダーツを投げに毎日出かけるのは、一般人には過酷ですからね・・・

予算は、だいたい40,000円くらい以内、頑張れば20,000円台でも設置は可能です!

ちなみに、今の私の家のボードは上の写真のモノになります

グランボードの初期タイプを設置しています

※設置にはだいたい、4m×1.5mくらいのスペースが必要になります

また、人によっては、廊下・玄関・キッチンなどに設置している人もいます

詳しい長さは「ソフトダーツ・距離」などでググると出てきます

コメント